Tatempo_Yokombo_作品写真1

Tatempo Yocombo

“Tatempo Yocombo” is interactive sound installation made for our group exhibition “Pithecanthropus exhibition”.  Pithecanthropus is an artist group by Kosuke Inoue, Kyohei Matsufuji and I. With”Tatempo Yocombo”, you can put square plate on the table then square shaped light spread from the plate. When it reaches the edge, sound comes according to the position of the edge. The sound and rhythm changes the place you put the plate.

Name: Tatempo Yocombo
Year of creation: 2009
Member of creation: Yuji Miyano
Medium: Projector, Web camera, PC, Processing

Exhibition Name: Pithecanthropus exhibition
Exhibition Period: 17th March, 2009 – 18th March, 2009
Exhibition venue: Ohashi Campus at Kyushu University


Tatempo Yocomboはインタラクティブサウンドインスタレーションで、九州大学芸術工学部工業設計学科の編入生3人(井上皓介、松藤恭平、宮野有史)で構成するグループ「ピテカントロプス」の展示会のために制作した作品です。
机の上に四角いプレートを置くと、そこから四方に光が広がり縁に到達すると場所に応じた高さの音がなります。プレートを置く場所によって音の高さとリズムが変わります。

作品名:Tatempo Yocombo
制作年:2009年
制作者:宮野有史
材質:プロジェクタ、Webカメラ、PC、Processing

展示会名:ピテカントロプス展(グループ展)
展示会期:2009年3月17日(火)~3月18日(水)
展示会場:九州大学大橋キャンパス